読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バーバラ・フジェールのおすすめ「人気ショップ」ならコチラ~!ペーパーバック

この本は!お医者さんの診断があって!その症状のケアをするための参考書といった感じです。愛犬達に!☆日々込めて生きる事☆を実践するために!2冊フル活用しています。西洋医学は否定せず!でもワクチン接種は毎年必要ないという見解も書かれています。

こ、これですっ!

2017年03月14日 ランキング上位商品↑

ペーパーバック バーバラ・フジェールペットの自然療法事典ペーパーバック版 [ バーバラ・フジェール ]

詳しくはこちら b y 楽 天

最近ご飯は手作りにしてます。過剰摂取しても、愛犬の体の為にはならず、逆に薬物によって皮膚の状態が芳しくなくなる、他の病気を引き起こす可能性もあると書かれていました。 どうもうちのダックスはドライフードにアレルギーがあるようなので。ツボ解説が「犬と猫〜」はイラスト!こちらの商品はカラー写真で描かれています。できることから、やってみようと思います。数年前に発行された初版を持っているのですが!開いたり閉じたりを繰り返してボロボロになってきたので!新たに買い換えました。動物にとって辛い点滴に通わなくても!回復させるヒントはたくさんあります。各症状に対してハーブ&サプリの勧め・カイロプラクティックやツボ指圧は有効か否かの解説が見やすく解説されています。 まだまだ手探り状態なので!この本は参考になりました。アロマセラピーに関してであれば!別の本の方がよいかと思います。動物病院を利用するのは!定期的な血液検査と尿検査の時だけです。外国の本なので聞きなれないハーブ名も出てきますが!症状と病名がわかるだけでもケアの参考になります。しっかりと学びたい方にお勧めです。全文を熟知しているわけではありませんが、皮膚・神経系・ワクチンの所を読んだところです。もうウンザリです。わかりやすく状態別で説明があったのでよかったです。。中には本当に動物の立場にたって勉強してくれている優れた獣医師もいるでしょうが!日本でそのような獣医師に出会える事は滅多にないと思います。私は医療関係職に従事しておりますが!私は日本の動物病院を信用していません。とても良い本ですよ。いざという時にいつでも調べられるよう寝室に常備です。気になる部分を読んだだけですが!ためになることが出ています。ご存知ですか?猫さんの腎不全は、大半の動物病院にとっては「ドル箱」と言われていることを。読み応えのある専門書に近い本です。Bunの数値が上がるたびに!動物が受けるストレスも考慮せずに!ただマニュアル通りに「毎日点滴に通って下さい」!「来週また血液検査をしましょう」「一時的にこのステロイドで食欲を回復させましょう」・・・。「犬と猫のための自然療法」と共に購入しました。毎日一緒に生活している飼い主さんにしか分からない症状や変化がありますので!症状別に満載されたこの本で!どうか皆さんも大切なワンちゃんネコちゃんに!苦痛を与えない家庭治療を学んであげて下さい。自然治療の本は1冊で良いのでは?とも思っていましたが、こちらは、「獣医に聞くべきこと」も明確に書かれているので、今後の診察に役に立ちそうです。メディカルハーブに興味のある方には最高の1冊です!家のワンコのアレルギー改善と、年齢のせいか体に変化が出てきたので、勉強したくて購入しました。